スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パトカーに衝突・逃走、暴力団幹部を逮捕(読売新聞)

 神奈川県警鶴見署は5日、住所不定、指定暴力団稲川会系幹部舟橋誠一容疑者(39)を自動車運転過失傷害、道路交通法違反(救護義務違反)の疑いで逮捕した。

 発表によると、舟橋容疑者は4月8日午前1時30分頃、横浜市鶴見区鶴見中央の国道15号交差点で赤信号を無視し、右折してきたパトカーに衝突。パトカーを運転していた県警自動車警ら隊の男性巡査部長(36)に左足骨折の重傷、同乗の警察官2人の首などに軽傷を負わせ、自分の車を放置して逃走した疑い。

 調べに対し「間違いありません」と容疑を認めているという。

携帯電話を使って注射の記録、ノボ社が新サービスを開始(医療介護CBニュース)
国民ID制度の導入、「反対」が過半数(医療介護CBニュース)
キャスチングボート確保、民主分裂狙う みんな・渡辺氏(産経新聞)
民主代表選 菅氏配布文要旨(毎日新聞)
家畜の共同埋却を開始=口蹄疫、処分迅速化―宮崎(時事通信)
スポンサーサイト

背もたれに両ひじ…余裕の態度をみせるベスーン被告 SS元船長第2回公判ライブ(産経新聞)

【法廷ライブ SS元船長第2回公判】(7)

 《調査捕鯨船団の監視船「第2昭南丸」の乗船中に負傷したとされている○○さんらを診断した母船「日新丸」の◇◇船医への弁護人の反対尋問が続く。環境保護を標榜(ひょうぼう)する米団体「シー・シェパード(SS)」元船長のピーター・ジェームス・ベスーン被告(45)は被告人席の背もたれに両ひじを置きながら、◇◇船医の証言に耳を傾ける》

 弁護人「酪酸(らくさん)による化学熱傷を診察したことはありますか」

 証人「いいえ」

 弁護人「今回が初めてでしたか」

 証人「はい」

 弁護人「2月11日の話を尋ねます。第2昭南丸のD船長(法廷では実名)から被害の状況を聞きましたね?」

 証人「はい」

 弁護人「どのような状況でしたか」

 証人「(ベスーン被告が乗った)妨害船から酪酸弾のようなものが撃ち込まれて、乗組員3人が受傷したと聞きました。目を開けられず、水で洗ったということで、今後の処置について問い合わせがありました」

 弁護人「先生はどのような指示を出しましたか」

 証人「しっかり水で洗い流すこと。そして顔の皮膚に軟膏(なんこう)を塗るように指示を出しました」

 弁護人「軟膏はどのような種類ですか」

 証人「抗生物質入りのステロイド軟膏です」

 弁護人「その軟膏は第2昭南丸に備え付けられているものですか」

 証人「はい」

 弁護人「その後、先生の方から負傷した人の状況について説明を求めたことはありますか」

 証人「私の方からは求めていません」

 弁護人「どうしてですか」

 《ベスーン被告はあごの辺りをさすりながら、証人の言葉を待つ》

 証人「緊迫した状況で船団と妨害船側がやり取りをしている中で、こちらから聞かない方がいいと思いました。何かあったら、向こうから問い合わせがくると思いました。最初の所見で、それほど深刻な状況ではないと判断しました」

 弁護人「そのような診断は不正確ではないですか」

 証人「小さな範囲の熱傷で、通常、感染(症)がなければ1週間程度で治癒します。翌日に船長から報告があり、『軽快して(快方に向かって)いる』と判断しました」

 弁護人「2月11日、本人に問診をせず、診断したことについて聞いています。その答えでいいですか」

 証人「船団では通常、船長からまとめて報告があります」

 弁護人「2月11日に○○さんを撮影した写真があるのをご存じですか」

 証人「はい」

 《弁護人が大型モニターに○○さんの顔写真を映し出す。○○さんはカメラに顔の左側をみせて、左目の下付近を指さしている。左ほほが赤くはれているのが分かる》

 弁護人「これは2月11日に撮影したものですね?」

 証人「と、思います」

 弁護人「(2月11日に)写真を日新丸に送ってもらい、診断することは考えなかったのですか」

 証人「一般的なやけどと想像できました」

 弁護人「2月13日の診断について聞きます」

 《ここで弁護人は法廷内の大型モニターに2月12日に撮影された○○さんの顔写真を映し出す。皮膚のはれがはっきり分かる11日撮影の写真とは違い、目立ったはれは傍聴席からは確認できなかった。弁護側が証人に写真を見たか尋ねた》

 証人「見たと思います」

 弁護人「2月13日に○○さんの写真を撮影し、それを送ってもらうことはしましたか」

 証人「いいえ」

 弁護人「なぜ?」

 証人「(それまでの)写真で快方に向かっていると判断しました」

 《ベスーン被告は後ろを振り返り、女性弁護士と会話を交わす》

 弁護人「(最新の)写真の視診、問診、時系列での経過診察は必要ないのですか」

 証人「11日、12日の写真を比較して、改善(回復)を確認しています」

 弁護人「改善と評価されながら、『全治1週間の見込み』の結論になったのですか」

 証人「はい」

 弁護人「どうしてですか」

 証人「やけどは表皮の壊死(えし)が起き、かさぶたができて落ち、新しい表皮で覆われるまでに1週間程度がかかります」

 弁護人「2月13日の段階で完治するまでの日数は、一般的な予測を述べたということですか」

 証人「はい」

 《診断方法の是非について質問を重ねる弁護人。ベスーン被告は一瞬、両手で顔を覆った。疲れがたまっているのだろうか》

 弁護人「14日以降は診察しましたか」

 証人「ありません」

 弁護人「全治日数について確定的診断はしていないのですか」

 証人「はい」

 《尋問をする弁護人が別の男性弁護人と交代する》

 弁護人「2月24日付の診断で『化学熱傷』としていましたが、化学熱傷はお湯、蒸気以外の原因によるやけどという意味でいいでしょうか」

 証人「いいえ。電撃熱傷もありますので、(化学熱傷とは)温熱熱傷以外のすべてではありません」

 弁護人「化学熱傷を起こす物質はかなりたくさんありますか」

 証人「はい」

 弁護人「○○さんと同じような症状を引き起こす物質は、(酪酸以外の)ほかの物質もあり得ますか」

 証人「あり得ると思います」

 《検察による最終尋問に移った》

 検察官「(弁護人による)反対尋問の中で、『最初の所見で大丈夫だと判断した』と発言されていましたね」

 証人「はい」

 検察官「(最終尋問では)2月11日について先生に質問しているとき、『最初の所見』という話をしていました。2月11日の時点では、○○さんの状況はD船長からの報告だけでしたか」

 証人「はい」

 検察官「D船長の報告から、『最初の所見で大丈夫』と判断したのですか」

 証人「はい。11日、12日のリポートをみて、そう思いました」

 《11日の診断について話をしているのに、◇◇医師は12日のリポートについて言及した》

 検察官「話を整理させてください」

 《これに対して検察官が話の流れを整理しようとする。ベスーン被告はやや前傾姿勢になり、女性通訳と証人の顔を交互に見つめていた》 =(8)につづく

【関連記事】
特集「シー・シェパード第2回公判」
特集「シー・シェパード第1回公判」「ヒャッホー」とガッツポーズ
SS代表「結論は分かっている。公正な裁判ではない」
SS船長初公判 NZでは「世界最速の英雄」「日本は船を沈めた責任を負うべきだ」
「シー・シェパード代表は間違っている」「家族恋しい」拘留の被告が激白 

皇太子さま、シンポジウムにご出席 アフリカテーマに国連大学で(産経新聞)
全日病総研が初のリポート公表へ(医療介護CBニュース)
<在日米軍再編>普天間移設 「ジュゴン、絶滅する」 自然保護団体の反対相次ぐ(毎日新聞)
政府が独自の北追加制裁、持ち出し10万円まで(読売新聞)
口蹄疫 「厳戒態勢」の中で競り 和歌山(産経新聞)

<暴行容疑>西宮市職員を逮捕 タクシー運転手殴る 兵庫(毎日新聞)

 タクシー運転手を殴ったとして、兵庫県警甲子園署は21日、西宮市管財課運転主任、島名健司容疑者(55)=同市上田中町=を暴行容疑で現行犯逮捕した。「押しただけで、激しい暴行はしていない」などと容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は、21日午後10時40分ごろ、同市高須町2の歩道で、乗っていたタクシーの運転手の男性(56)=同県尼崎市=の腹を殴るなどし、暴行を加えたとしている。同署によると、島名容疑者は帰宅途中で酒に酔っていたといい、運転手に「曲がる所が違うやないか」などとクレームをつけていたという。

 西宮市によると、島名容疑者は公用車の運転業務を担当している。【後藤豪】

「みんなが顔を見るぞ」と脅し 性犯罪、被害者保護に課題 (産経新聞)
鉄球、水にプカプカ…特殊技術に注目(産経新聞)
JR西 新型車両を公開 尼崎脱線教訓に安全性高め(毎日新聞)
プレコリオ系ダンスって何? 導入するスポーツクラブが続出(産経新聞)
小惑星探査機 「はやぶさ」地球撮影 6月帰還、故郷目前(毎日新聞)

鳩山首相、15日沖縄再訪延期(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は7日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関し、沖縄本土復帰の日に当たる15日で調整していた同県再訪問を先送りする意向を固めた。複数の政府関係者が明らかにした。沖縄県選出の民主党衆院議員から「微妙な時期なので時期をずらしてほしい」と要請を受けたことなどから、県民感情に配慮した。 

【関連ニュース】
首相「腹案」、地元が引導=事態混迷で決着先送り論も
「民意はますます反対」=徳之島3町長
首相の政治責任追及へ=自民、対案には慎重姿勢
鳩山首相の一層の努力必要=社民、地元の声尊重を
5月決着先送りに言及=「時間かけ粘って成案を」

「としまえん」遊具から15歳少年転落 フライングカーペット、5メートル下に(産経新聞)
台湾調査船がEEZ内航行、日本の同意なし(読売新聞)
【こども】小学校の余裕教室→保育園の分園 優しさはぐくむ良い機会(産経新聞)
小学生女児から100円脅し取る 容疑の60歳男を逮捕(産経新聞)
女性店長「出て行け」、チェーンソー男退散(読売新聞)

<ハッブル宇宙望遠鏡>星の誕生現場の写真公開 20年記念(毎日新聞)

 りゅうこつ座のカリーナ星雲で水素などのガスが柱状に立ち上る様子を、米航空宇宙局(NASA)のハッブル宇宙望遠鏡がとらえた。星の誕生現場という。柱の先端では、赤ちゃん星からジェット状のガスが横向きに放出されている。90年4月24日にスペースシャトルで打ち上げられて20年を迎えたのを記念して公開した。

 ハッブル宇宙望遠鏡は高度約600キロを周回している。地球の大気の影響を受けないため、従来にない鮮明な天体画像を提供してきた。しかし、電気系統などに故障が相次ぎ、NASAは昨年5月、35時間以上の大規模な修理を実施し、復活させた。【須田桃子】

【関連ニュース】
<ニュースがわかる>宇宙の「活用」 日本の戦略
<連載>的川泰宣さんの銀河教室
プロミネンス:米国の新太陽観測衛星が高解像度撮影
はやぶさ:6月13日帰還 7年間45億キロの旅終え
米大統領:30年代半ばまでに火星軌道に有人ロケット

橋下“維新の会”初陣 大阪市議補選に46歳女性役員擁立へ(産経新聞)
子育て施策一元化構想…内閣府に新部局(読売新聞)
写真と本で親しむ北米の大自然 世田谷文学館で「子ども読書の日記念講演会」(産経新聞)
<ワオキツネザル>赤ちゃん誕生 上野動物園の新アイドルに(毎日新聞)
情報公開法改正に着手=枝野行政刷新相が私案(時事通信)
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。