スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兵庫・武庫川ダム“断念”へ 河川整備計画原案に盛り込まず(産経新聞)

 武庫川ダム(兵庫県西宮・宝塚市)建設の可否が焦点となっている武庫川(兵庫県)水系の河川整備計画原案が26日、兵庫県から専門家などでつくる武庫川流域委員会に提示された。ダム建設は原案に盛り込まれず、今後計画が国の同意を得て策定されれば、同ダムは国の工事実施基本計画から消えることになり、事実上の“断念”となる。

 武庫川ダムは県が計画している治水ダム。昭和60年に国の建設認可を受け、平成5年に事業着手した。貯水容量は約1千万立方メートルで、建設事業費約300億円のうち半分を国が補助する予定だったが、民主党政権にかわり、前原誠司国交相が昨年、ダムに頼らない新しい治水基準での検証対象の一つとして挙げたため、建設の可否に注目が集まっていた。

 原案では、昨年3月に策定した基本方針で武庫川水系の目標流量を4690トンと定めたのに基づき、今後20年間で戦後最大の洪水と同規模の洪水に耐えうる流量(3510トン)を確保すると目標を設定。昨年8月の佐用町豪雨などを受けて治水対策を喫緊の課題としながらも、新規ダムを建設する場合は地元との合意形成のほか、建設開始から完成まで十数年かかることから、今回の計画では河床掘削や堤防強化などの別の対策を選択し、新ダムについては必要性や実現可能性の検討を続けるとした。

 ただ、今回の計画と基本方針の目標流量には180トンの差があるため、県では「目標達成にはダムも含めたより良い整備方法を検討し、必要に応じて計画の修正も行う」としている。

【関連記事】
小沢氏政治資金問題 自民調査団が胆沢ダム視察
前原国交相ブチっ!町村氏に逆質問で応酬
前原国交相と八ツ場ダム地元住民、初の意見交換
八ツ場ダム 国交相「なぜ中止か説明したい」
八ツ場ダム問題 関係6知事の緊急申し入れに国交相回答

人気上々! ご当地B級グルメ「おつけだんご」がコンビニデビュー(産経新聞)
マンション非居住者限定の「住民活動協力金」は有効 最高裁(産経新聞)
パーフェクトダーク使い「鋼の錬金術師」流出(読売新聞)
首相「小沢幹事長の潔白証明望む」衆院予算委(読売新聞)
「辺野古は社民党が許さない」社民・福島氏が強調(産経新聞)
スポンサーサイト

自民・谷垣総裁が山崎、保岡、片山3氏の公認見送りを正式表明(産経新聞)

 自民党の谷垣禎一総裁は28日昼、党本部で尾辻秀久参院議員会長、谷川秀善参院幹事長と会談し、次期参院選の比例代表候補として公認申請していた山崎拓元副総裁(73)と保岡興治元法相(70)、片山虎之助元総務相(74)の公認について「『70歳定年制』という党の内規を守りたい」と述べ、3人とも公認しない考えを正式に表明した。会談には大島理森幹事長も同席した。

 参院執行部は特に片山氏を公認するよう求めていたが、谷川氏は会談後、記者団に「やむを得ない。無理なら結論は早い方がいい」と述べ、谷垣氏の判断を受け入れる考えを示した。

【関連記事】
片山元総務相の「例外」は困難 比例出馬で自民執行部
「高齢者の意見を代弁」自民・片山元総務相は出馬意欲満々
自民・谷垣総裁、片山元総務相の公認に「慎重」
自民・青木氏が5選目指し出馬正式表明「議席守り抜く」
参院選比例の70歳定年制「ルールは守るべき」 舛添前厚労相

<映画「アバター」>興行収入歴代1位 全世界1687億円(毎日新聞)
寺に強盗、200万円奪う 複数の男ら、住職縛る 京都(産経新聞)
宇奈月温泉の老舗旅館、無資格の中国人を仲居に(読売新聞)
陸山会土地資金、小沢氏の妻子名義口座から(読売新聞)
<訃報>筒井寛秀さん88歳=東大寺長老(毎日新聞)

東京地検特捜部と小沢氏側、水面下の攻防(読売新聞)

 東京地検特捜部と小沢氏側との間では、この日の事情聴取までに水面下の攻防が続いていた。

 検察当局は、陸山会の土地購入を巡る問題が発覚した当初、小沢氏本人の聴取には慎重な構えを見せていた。「本人が土地取引にどのように関与していたのか、よく分からない」(検察幹部)というのが理由だった。

 これを変えたのが、同会の事務担当者だった石川知裕衆院議員(36)(民主)の任意段階の供述。昨年末の事情聴取に「土地購入費用に充てた現金4億円は、小沢先生から受け取った」などと述べたことから、検察内部で「事件の解明には小沢氏からの聴取は不可欠」との流れが固まった。

 年明けの今月5日、特捜部は、通常国会が18日に始まるという政治日程に配慮し、1週間程度の間に任意の参考人聴取に応じるよう弁護士を通じて要請した。

 これに対し、小沢氏側は「捜査の展開が分からず、現段階で聴取に応じるメリットはない」などと要請に応じず、同会会計責任者だった公設第1秘書の大久保隆規被告(48)も、任意の聴取に1度応じただけでその後は拒否に転じた。

 このため検察当局は「任意捜査で解決するつもりだったが、協力がないなら、強制捜査しかない」(検察幹部)と方針を転換。特捜部は13日、関係先の一斉捜索に着手し、15日から16日にかけて石川容疑者ら3人を逮捕した。

 小沢氏は16日の党大会で、「断固として毅然(きぜん)として自らの信念を通し、闘っていく」などと対決姿勢を鮮明にしたが、先週初め頃になって姿勢が変化した。各種世論調査で内閣支持率が急落し、夏の参院選への影響を懸念する声が上がり始めたためだ。

 結局、小沢氏側は特捜部の要請を受け入れることを決め、日程調整の結果、国会審議のない土曜日の午後を選んで事情聴取に応じることになった。

小沢氏に対する告発状受理 東京地検 (産経新聞)
鳩山首相 小沢幹事長の続投表明「現在は支持」と述べる(毎日新聞)
「オーシャンズ11」あこがれ、16歳窃盗団(読売新聞)
沖縄知事も「県外」表明を=稲嶺氏(時事通信)
たき火不注意で書類送検=山林火災に-宮城県警(時事通信)

足利再審 録音テープ再生 メディア公開阻む「目的外使用禁止」(産経新聞)

 足利事件の再審公判で再生された録音テープの公表をめぐり、菅家利和さん(63)の弁護団の対応が二転三転している。証拠物の目的外使用が法で禁じられているためだ。

 弁護団は、法廷での再生後、テープを複製したCD-ROMと内容を書き起こした「反訳文」を報道各社に配布すると発表。地検側にも通告していた。

 これに対し、21日の公判の冒頭、佐藤正信裁判長が「証拠の複製物の第三者への配布は刑事訴訟法違反。弁護側は配布を差し控えるべきだ」とクギを刺した。

 弁護団は「(テープの内容は)虚偽の自白で、菅家さんや事件の被害者の名誉やプライバシーを害するものはない」と主張しているが、配布を見合わせ、22日の閉廷後に再度協議するとしている。

 佐藤裁判長が指摘したのは、刑事訴訟法第281条の4の「目的外使用禁止」条項が、裁判での証拠の法廷外使用を禁じているからだ。この規定は、証拠が流出することによって、被害者のプライバシーが侵害されるのを防ぐことを目的として、平成16年の法改正の際に盛り込まれたが、識者やメディアからは「公益性のある資料の公開を禁じる可能性もある」と批判が上がっている。

 ジャーナリストの大谷昭宏氏は「こういう形で人は誘導され、自白してしまうということを国民に知ってもらうことが大切。本来であれば、法曹三者は進んでメディアにテープを公開すべきだ」と指摘する。

【関連記事】
足利事件再審公判 録音テープ再生へ 菅家さん“自白”の経緯問う 
感無量の音色響く…足利事件の菅家さんが故郷で除夜の鐘
足利事件、DNA型鑑定めぐり対立 予定を2時間超える
足利事件 「当時の鑑定は精度低かった」科警研所長が再審で証言
【足利事件】科警研所長を証人尋問 再審公判

大阪・槙尾川ダム 「100年に1度の大雨」想定なら 総事業費866億円(産経新聞)
<喫煙>20代の7割すでに「ニコチン依存」 製薬会社調査(毎日新聞)
29日朝 北浜にメイド集合 ご主人さま いってらっしゃいませ (産経新聞)
介護報酬改定後、月9千円賃金アップ―厚労省が速報値(医療介護CBニュース)
自民・青木氏が出馬表明「お年寄りにも勇気」(読売新聞)

<落語協会>柳家小三治さんが次期会長に内定(毎日新聞)

 落語協会(鈴々舎=れいれいしゃ=馬風会長)は21日、東京都内で理事会を開き、柳家小三治さん(70)を次期会長に内定した。

 3月の総会で正式決定する。任期は6月から2年間。

 小三治さんは59年、五代目柳家小さんに入門。69年、真打ちに昇進し、十代目小三治を襲名した。

 古典落語の第一人者で、これまでに芸術選奨文部科学大臣賞、紫綬褒章などを受けている。オートバイやスキーなど、多趣味でも知られる。

 落語協会では理事を務めていた。

<石川議員逮捕>弁護人、取り調べ全過程の可視化申し入れ(毎日新聞)
<脅迫容疑>民主党本部に銃弾?入り封筒 テレビ朝日にも(毎日新聞)
いつも仲良し、ヒツジの「にっき」と「まっちゃ」 京都市動物園(産経新聞)
陸山会土地所有権 「確認書」日付を偽装 「17年」実は19年会見直前(産経新聞)
小沢氏「こういう権力行使は納得できぬ」(産経新聞)

社民党首、重野幹事長の続投固める=一部が反発、調整難航も(時事通信)

 社民党の福島瑞穂党首は党大会初日の23日、幹部人事について、重野安正幹事長を続投させる方針を固め、所属議員らに伝えた。ただ、党内では又市征治副党首の幹事長起用を求める声も出ている。人事は24日の大会で決める予定だが、調整は難航も予想される。
 福島氏は23日の両院議員総会で、重野氏の続投とともに、阿部知子政審会長を交代させ、後任に近藤正道政審会長代理を昇格させる案を提示した。しかし、出席者からは「阿部氏を代える理由はない」と反発する声が上がった。
 福島氏はまた、辻元清美国土交通副大臣が兼務する国対委員長に当選1回の中島隆利衆院議員を起用する案も提示。ただ、「新人議員には無理だ」との異論が出され、照屋寛徳衆院議員を推す案も浮上している。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

交差点で衝突、5人死傷=茨城(時事通信)
皇太子ご夫妻、震災遺族と懇談(時事通信)
福島瑞穂氏「国民の信頼回復を期待」(産経新聞)
インドネシア人看護師候補者受け入れが難航(医療介護CBニュース)
福島党首の4選決定=社民大会が開幕(時事通信)

阪神大震災 難病女性 犠牲の恩師に初めての墓参り(毎日新聞)

 寝たきりの生活を送りながら難病と闘っている神戸市須磨区の小林佐和子さん(30)が17日、阪神大震災(95年1月17日)で亡くなった中学の担任教員、水谷トシ子さん(当時57歳)の墓に初めてお参りする。「一緒に道を開いていこう」。恩師の言葉を励みに高校に進学、卒業した。あれから15年。体の自由は徐々に利かなくなっているが、今も前を向いて毎日を過ごしていることを報告する。【山下貴史】

 小林さんは3歳の時、全身の筋力が衰える難病、進行性脊髄(せきずい)性筋萎縮(いしゅく)症と診断された。小学2年の時に、同市立友生養護学校訪問教育部(わらび学級)に転入したが、寝たきりになり入院先の病院で授業を受けていた。

 同校中学部で担任になったのが水谷さんだった。「最初は怖かった。けれど、親身になってくれる先生だった」。9歳で気管を切開、声を失った小林さんに、水彩画を描く楽しみを教えてくれた。94年春の卒業を記念して小林さんの詩や作文を添えて文集の出版を計画してくれた。「いい本にしましょうね」。そう小林さんに言葉をかけた4日後、震災が発生、倒壊した兵庫県芦屋市の自宅マンションで死亡した。

 恩師の死を聞いた小林さんはショックを受けながらも、「私、負けない。やるだけやってみる」と96年に通学が前提の同校高等部に入学。人工呼吸器をつけたまま週3回、ほとんど休まずに通学した。パソコンの学習は「自由に意思表示ができる」ため楽しく、熱心に取り組んだ。翌97年には自宅用呼吸器を取り入れ約10年間の病院生活を終え、帰宅した。

 20歳の時に高校を卒業。ショッピング、コンサート、東京ディズニーランド……。「普通の女の子」と同じ夢を一つ一つ実現し、自信につながった。

 その一方で、数年前からは口も動かしにくくなった。「先生に何を報告する」。母三千代さんの問いかけに、小林さんは答えた。「今の生活を見てほしい。また会いたい。ありがとう」

 文集「野のゆりのように」は95年9月に完成。収められた水谷さんの「遺稿」(94年10月付)には、こう記されている。「繊細さ、強さ、不自由な外見の中に秘められた豊かな表現力に出会い続けた」

 17日は分骨が眠る神戸市東灘区の霊園に参り、水谷さんが毎週通った教会の礼拝に出席する。

【関連ニュース】
阪神大震災:発生から15年の朝 さまざまに鎮魂の祈り
交流協定:米ハリケーン被災地と神戸市の住民が結ぶ
阪神大震災:6434人へ祈り 17日で15年
阪神大震災:犠牲者追悼で「灯のつどい」 東京で開催
皇太子ご夫妻:神戸入り 震災追悼式典に出席のため

副幹事長ら無言で立ち去る=民主党本部前(時事通信)
<雑記帳>石川遼、新潟の子供とクロカンスキーで汗流す(毎日新聞)
公有地に神社は「違憲」 北海道砂川市の政教分離訴訟、最高裁大法廷(産経新聞)
センター試験 問題訂正漏れぬよう受験生“軟禁”(産経新聞)
統一教会大分教会など捜索=特定商取引法違反容疑-県警(時事通信)

鳩山首相、石川議員逮捕で謝罪(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は16日午後、東京・日比谷公会堂で開いた定期党大会で、「昨日、わが党所属の石川知裕君(衆院議員)が逮捕される異常な事態が発生した。党代表として、国民の皆さまをお騒がせし、ご心配をかけていることに対し、率直に遺憾の意を表明します」と述べ、謝罪した。

【関連記事】
鳩山首相、小沢幹事長の続投「菅副総理と一致」
小沢幹事長続投に「党の自殺行為」の批判も 
鳩山首相、イバラの道 責任論も
首相「闘ってください」 小沢氏に続投“お願い”?
■総力特集「それでも小沢一郎」

地域での介護、「保険だけでは収まり切らない」―宮島老健局長(医療介護CBニュース)
震災翌日生まれの15歳 伯母の愛に包まれて(産経新聞)
大阪・槙尾川ダム 継続か中止か悩む橋下知事(産経新聞)
両陛下、交通安全中央大会にご臨席(産経新聞)
<海上自衛隊>インド洋での給油活動が終了(毎日新聞)

「40人学級」見直し 少人数教育へ上限下げ 30年ぶり(産経新聞)

 鈴木寛文部科学副大臣は14日の定例会見で、公立小中学校1学級当たりの児童生徒数の上限を40人としてきた現行の国の学級編成標準について、平成23年度以降引き下げて少人数学級化を促す考えを示した。

 文科省によると、標準の見直しは昭和55年度に45人から40人に減らして以来、約30年ぶり。

 授業数や指導内容が増加する新学習指導要領の実施に向けて、教職員定数の在り方も抜本的に見直すことにした。

 鈴木副大臣は「教育現場は複雑な問題を抱えており、きめ細やかな少人数指導が必要だ。有識者や現場の意見を聞き、今年夏までに一定の結論を得たい」と語った。

 ただ、現行でも学級編成標準を都道府県が独自に設定することは可能。同省のまとめでは、東京都を除く46道府県では40人を下回る編成を既に実施している学校もある。

 学級編成標準については法律で定められており、今後の法改正などの手続きについて、鈴木副大臣は「議論が成熟して基準を変えることになれば、今の法律は複雑な書き方なので何らかの形でいじらねばならない」と述べた。

【関連記事】
進路指導教諭が選ぶ「面倒見のいい大学」 細やか指導、小規模校に強み
【主張】教育予算調査 ダメ教師が増えては困る
教員採用「広き門」で負の連鎖 競争率半減、質の低下も
竹島と高校解説書 固有の領土となぜ教えぬ
【私も言いたい】6年制教員養成 「免許更新制、継続すべき」7割

北への制裁解除「認められない」 日韓外相一致(産経新聞)
石川衆院議員 東京地検が逮捕…政治資金規正法違反容疑(毎日新聞)
屋久島の元社長不明、供述もとに廃校跡捜索(読売新聞)
大阪・槙尾川ダム 継続か中止か悩む橋下知事(産経新聞)
橋下知事、空港をどうするか「僕が決めることができる」(産経新聞)

【健康】体幹 鍛えて生活向上 姿勢や呼吸・発声に好影響(産経新聞)

 パソコンに長時間向かう現代人にとって、体の軸を支える「体幹」は知らず知らずのうちにブレやすくなる。加齢とともに背筋に張りがなくなるのは老化現象の一つ。しかし、体幹を鍛えることで姿勢が良くなるほか、呼吸や発声にも好影響を及ぼし、日常生活が快適になるという。(日出間和貴)

 ◆体も調律が必要

 NPO法人「ニッポンランナーズ」代表の金哲彦さんは長年、理想の走り方を追求してきた。「トップアスリートと市民ランナーの走り方を比較すると、体幹の使い方に決定的な違いがある」と指摘する。体幹とは体の軸となる部分で、腹筋や背筋、胸筋、足の筋肉を含む胴体部分のことだ。

 「市民ランナーは10人中7人は体幹を使えていない。本来、体幹はエンジンの役割をするのに、多くのランナーは体幹が重りのようになっている。体幹を使えるアスリートは負担が足に集中しないので長く競技を楽しめる」

 金さんは『からだが変わる体幹ウオーキング』(平凡社)の中で、体幹を使った正しい歩き方を紹介している。両足に均等に体重をかけて真っすぐ立ち、肩甲骨を背中の中心に寄せて歩き出すのがポイント。傘などを両腕で背中に抱えると「体幹ウオーキング」が体得しやすいという。

 日本古来の「ハラの文化」に着目したトレーニングを指導するのは「ヒューマン・パワー・イノベーション」(東京都葛飾区)。須田達史代表がキックボクシングや空手の経験を通して独自メソッド「体幹チューニング」をつくった。

 「楽器に調律が必要なように、ヒトの体も呼吸と脳、筋肉の3つをつなげる調律が不可欠」。毎日15分、腹式呼吸をベースに筋肉の緊張をほぐす調律を行うことで、潜在能力を引き出す準備ができるという。

 ◆リズム感にも効果

 「フェルデンクライス・メソッド」という身体訓練法を日本で普及させる保健師、奥田文子さんも体幹の重要性を強調する。フェルデンクライス博士はユダヤ人の物理学者で、人間の動きに基づき、神経回路の改善を目的とした訓練法を体系化。「体幹を意識する=呼吸が楽になる」という前提がある。

 奥田さんによると、体幹は座位で崩れ、動作時にも崩れるというパターンを繰り返す。背骨と骨盤、手足を統合させていく訓練を積むことで生活の質そのものが向上するという。

 また、体幹の矯正を発声に生かすトレーニングを指導するボーカルトレーナーの古屋chibi恵子さんは「体幹は声の安定感や太さ、響きの豊かさに関係し、リズム感にも好影響を及ぼす。体幹を意識するだけで高音の音域が伸びる例もある」と指摘。体幹を意識した生活スタイルに変えることは、姿勢の改善以外にも「一石二鳥」の期待が持てそうだ。

                   ◇

 ■「矯正」ウエアも

 体幹に着目したウエアも登場している。

 リーボックが昨年11月に発売したサポートウエアは従来、医療用に使用されてきたリハビリ用のベルトを応用した。体に無理のない負荷をかけることで、自分の力で正しい姿勢に戻そうとする反作用を刺激する構造が画期的だ。筋肉を締め付ける従来のコンプレッションウエアと違い、脱いだ後も正しい姿勢でいられる。

 日常生活の着用にも適し、同社は「個人差もあるが、数時間着用することで1日正しい姿勢を維持できる」と話している。

バットで殴り連続路上強盗、バイクの4人組(読売新聞)
レトロ列車で出会いの場「婚活2時間半の旅」(読売新聞)
犬くぎ落下 高架下の車直撃、男性けが 名古屋(毎日新聞)
鳩山首相 アフガン支援で日独協力を確認 独副首相と会談(毎日新聞)
日航の更生法申請日を確定へ=19日軸に-前原国交相と首相が会談(時事通信)
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。